異次元からの手紙

ある時、駅ビルの文具店を通りかかった。
レター用品のコーナーに見本で手紙が貼ってあった。
何の気なしに読んでみたらその便箋には”〇〇さんへ(わたしの苗字)”とあった。
(ちなみにわたしの苗字はとてもめずらしい)

!?と思って、読み進めていくと内容が妙にリアルで、完全にこれは自分宛のものだということを確信した。しかもこの字には見覚えがあるぞ・・。
「いつも相談に乗ってもらってエキセントリックな解答をありがとうございます」とか「わたしも〇〇さん(わたし)みたいに、おもしろい大人になりたいです」的なことが書いてあった。”おもしろい”ってちょっとおちょくってるやん・・
ちなみにその頃その子は、会社にトンデモ新人が入ってきてかなり悩んでおり、わたしはその相談に乗っていたのだった。

しかし手紙の最後に記してある差し出し人の名前は、予測している人物の名前ではなかった。


なぜわたしは自分への手紙を、貼り出された状態で店の中で読んでいるのか・・。
手紙ってこういうものだっけ?もしかして不思議な世界に迷い込んでしまい、この世界ではこれが常識なのかもしれない。

狐につままれたまま帰宅し、一応手紙をもらったということで返事を書いた。
その後、差出人と思しき人物と会う予定があったので、返事の手紙を渡した。
「これ、手紙の返事」
「あぁ〜。ありがとうございます」
反応はあっさりしたもんだった。
ちなみにその子は、レター用品のメーカーで営業の仕事をしており、お店を回っている。お店のレター用品の棚に飾る見本なども自分で作るのだ。
「見本に使わせてもらっちゃいました〜」とのこと。
いやいやいや変だよ。
(ちなみにその子は結構しっかりして常識のあるタイプ・・だと認識していた)


蒸し返すのもなんだし、追求することもなく、だけどずっと謎に思っていた。
もしかしたらその子は読んで欲しいような読んで欲しくないような、そんな気持ちだったのかもしれない・・・と最近になって思った。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

次の記事

これからの生活